中東・ビジネス・金融

九門康之研究所(YKI)は、中東経済・ビジネス・金融などの諸問題に関する調査研究機関です。

その事業を通じて経済社会や日本・中東経済関係の発展に寄与し、地域間の相互理解を深めることを目的としています。

当研究所は「調査研究」を事業の中心的な活動とし、「情報交流」、「普及啓発」などの関連した活動も行っています。

中東なう

毎月の中東北アフリカでの動きをコメントしています。

「もっと見る」をクリックして閲覧して下さい。



調査研究レポート(要パスワード)

※こちらの情報はパスワード保護されています。

基本情報を頂いた方に調査研究レポートを提供しています。

ご希望の方は、お問い合わせにてお申込み下さい。パスワードをご連絡します。

「もっとみる」をクリックし、パスワードを入力して閲覧して下さい。



外部寄稿レポート

九門康之所長が、外部機関への寄稿で公開した調査研究レポート、コメントです。

公財)国際通貨研究所在籍中に公開したものも含みます。

2024年5月

日本経済新聞に「ドバイ経済」に関するコメントが掲載されました

<もっと見る>をクリックしてご覧ください

2024年3月

「GCC諸国通貨は変化するのか~現状と展望」を中東協力センターに寄稿しました

<もっと見る>をクリックしてご覧ください

2023年5月  「中東諸国経済~変化する環境と対応」
2023年2月  「カタール経済の近況」

当研究所について

所長紹介

九門康之は中東を中心とする経済・ビジネス・金融の研究者です。エジプト、アラブ首長国連邦および英国に駐在し、ビジネス・金融の知見を得、公益財団法人国際通貨研究所で中東諸国のマクロ経済分析を担当。2024年1月に本研究所を設立しました。

事業目的

当研究所は、九門康之の中東経済・ビジネス・金融に関する知見を引き継ぎ、同分野における質の高い調査研究や内外との意見交流などを事業目的とします。弊研究所は、内外の関係当局、経済界、学会研究者など幅広いご支援やご支持を通じ、知見や情報ネットワークをさらに拡充し、中東経済を中心としたビジネス・金融問題を専門とする調査研究機関として活動して参ります。

活動内容

  • 調査研究:国際通貨基金(IMF)など一般報道情報を元に作成したレポートを公開しています。
  • 受託調査、講師派遣:中東経済に関する個別調査、中東および経済全般の講師派遣を有償にて受託しております。